2020年11月19日 馬毛島、辺野古、座喜味、ビルマ、西之表、宮古島

2020年11月19日の14件の報道を分析しました。ザッピングしたところ、馬毛島、西之表、ボタン、ビルマ、ラジオ、カラオケ、コロナ、座喜味、辺野古、マスク、試験場、手榴弾、市議会、宮古島、のような語句が使われていました。14件の記事へのリンクをスクラップします。
...活躍(9月3日号)【2020年8月】⇒香港問題自由求める人が逮捕(8月27日号)⇒特攻、玉砕、悲惨な戦争平和国家これからも(8月20日号)⇒75年後も続く健康不安初の原爆広島と長崎に(8月13日号)⇒50年に1度の雨、なぜ毎年四角に降った雨で想定(8月6日号)(7月30日号)【2020年7月】⇒全国でレジ袋有料化環境汚染、温暖化防止へ(7月30日号)⇒スポーツが日常に戻るサッカーJリーグ再開(7月...
千葉日報2020/11/19千葉
米軍輸送機MV22オスプレイが参加して12月に陸上自衛隊相馬原演習場などで行われる日米共同訓練での安全徹底、本県の提案で関東知事会がまとめたCSF(豚熱)対策強化を要望する。◎新型コロナ 新たに10人が陽性県が福祉施設にC-MAT派遣新型コロナウイルス感染症の検査で、群馬県と前橋、高崎両市は18日、新たに10人の陽性が判明したと発表した。
上毛新聞2020/11/19群馬
モノが語る戦争嘉麻市碓井平和祈念館から(22)手のひらに収まる丸い一輪ざしの花瓶のような陶器と漬物石になりそうな円筒形の陶器。
西日本新聞2020/11/19福岡
モノが語る戦争嘉麻市碓井平和祈念館から(21)上半身裸の男たちが手にしているのはマンドリンやバイオリン、ギターなどの弦楽器。
西日本新聞2020/11/19福岡
米軍空母艦載機陸上離着陸訓練(FCLP)移転を前提とした西之表市馬毛島への自衛隊基地整備計画に関し、同市議会馬毛島対策特別委員会(長野広美委員長・14人)が防衛省にただしていた質問に対し、「基地整備後、港湾施設の米軍利用の可能性は否定できない」と回答したことが18日、分かった。
南日本新聞2020/11/19鹿児島
海上自衛隊から掃海艦など19隻とヘリコプター2、3機、米海軍からは掃海艦2隻と海中で機雷除去を行う水中処分員約10人が参加する。28日まで。
宮崎日日新聞2020/11/19宮崎
貢さんは「戦争の歴史を次世代に伝え、争いのない世界にしてほしい」と児童に語りかけた。嵯峨根健介君(10)は「戦争の愚かさや命の大切さを感じられた」と話していた。26日には新谷郷にある旧海軍の水上特攻艇「震洋」の訓練所跡を見学する予定。
長崎新聞2020/11/19長崎
海上自衛隊が導入する新型多機能護衛艦(FFM)の2番艦の命名・進水式が19日、玉野市玉、三井E&S造船玉野艦船工場で行われ、「くまの」と命名された。同工場で建造した護衛艦が進水するのは8年ぶり。従来。
山陽新聞2020/11/19岡山
両者は既に、統一候補者の条件として(1)市政奪還の意志がある(2)玉城デニー知事と連携できる(3)陸上自衛隊の駐屯地や弾薬庫配備について知事と連携し、丁寧な説明を国に求める-ことで合意している。「オール沖縄」側で県議の國仲昌二氏は「今回は超短期決戦。
沖縄タイムス2020/11/19沖縄
在沖米軍では嘉手納基地所属の1人の感染を確認、累計440人になった。(写図説明)県の新型コロナ感染に関する判断指標と現状。
沖縄タイムス2020/11/19沖縄
在沖米軍関係では2人が新たに感染した。累計は442人。県は18日、那覇市内のカラオケができる接待を伴う飲食店で、客と従業員の計15人が感染するクラスター(感染者集団)を確認したと発表。
沖縄タイムス2020/11/19沖縄
【東京】菅義偉首相は18日、デビッド・バーガー米海兵隊総司令官と官邸で会談し、米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設や在沖海兵隊のグアム移転などを着実に進めることを確認した。沖縄を含む地元の負担軽減を図る重要性も申し合わせた。
沖縄タイムス2020/11/19沖縄
このほか、上峰町の20代女性は、11日に陽性と確認された陸上自衛隊目達原駐屯地(神埼郡吉野ヶ里町)所属の20代男性隊員の関係者。鳥栖市の20代女性は、14日に感染が判明した三養基郡みやき町の30代女性の関係者としている。
佐賀新聞2020/11/19佐賀
「フィリピンでの戦争のこと」と題した回では、椎名さんが大学院生時代に現地で目にした戦争の傷跡や、現地の人々への思いなどを振り返っている。第4章は山梨の歴史に関する話題をまとめた。明治時代の大規模な農民運動「大小切騒動」や、地方病と呼ばれた日本住血吸虫症、甲州財閥の評価などを取り扱い、歴史的な背景を分かりやすく解説している。
山梨日日新聞2020/11/19山梨