2020年11月24日 栄養失調、コロナ、交差点、星条旗、手洗い、ショック

2020年11月24日の7件の新聞記事を分析しました。にマスコミで報じられたニュースには、栄養失調、コロナ、交差点、星条旗、手洗い、ショック、のような文字が使われていました。7個のコンテンツURLを記録しておきますね。
7月上旬から9月下旬ににかけ、アフリカ東部のソマリア沖・アデン湾での海賊対処と、今年1月から新たに加わった中東海域の情報収集任務に当たった海上自衛隊八戸航空基地のP3C哨戒機部隊の隊員2人が、24日までに東奥日報取材に応じた。
東奥日報2020/11/24青森
■兵庫県加古川市黒嵜一英さん(87)「戦争に勝ったら、神戸に戻れるから頑張ろうな」集団疎開していた弟の敏男と交わした言葉は、かないませんでした。4歳下の弟は、栄養失調による腸炎で命を落としました。まだ7歳でした。
神戸新聞2020/11/24兵庫
小野市の陸上自衛隊青野原駐屯地にはミサイルの絵。昔見た英国のテレビ人形劇「サンダーバード」に登場する乗り物を思い起こさせる。戦前に建設され、1990年まで業務をしていた国際無線小野受信所もある。
神戸新聞2020/11/24兵庫
当時から近隣に住む男性(76)は「『交通戦争』と呼ばれた時代で、事故渋滞も日常茶飯事だった」と話す。 県内の交通事故死者がこれまでで最多の183人を記録した72年、県公安委員会は平日、休日問わず午前7~10時を右折禁止とする規制を敷いた。
北國新聞2020/11/24石川
沖縄独自の論点として、米軍批判をどう考えるかも分析した。「米軍は出て行け」は、「米国人だから排斥する」という趣旨の発言ではないと解説。「ヤンキーゴーホーム」は、米国籍や米国ルーツの人々に向けた場合はヘイトスピーチである一方、基地反対の定型句として使われる場合は該当しないと述べた。
沖縄タイムス2020/11/24沖縄
国産ミュージカルの発表と普及を目的に、太平洋戦争末期の沖縄で犠牲となった「ひめゆり学徒隊」の悲劇を題材にしたミュージカル「ひめゆり」が代表作。代表のハマナカさんが座付き作家、演出家として、ひめゆりをはじめオリジナルのミュージカルを制作している。
埼玉新聞2020/11/24埼玉
旧米軍立川基地の全面返還から三十日で四十三年。立川市内には、かつての基地の街の面影はほとんどない。ただ、基地に掲揚されていた星条旗は市内の印刷会社社長鈴木武さん(56)の手元に残る。
東京新聞2020/11/24東京