2020年11月29日 加古川線、辺野古、馬毛島、南種子、自衛隊

2020年11月29日の18件の新聞記事などをチェックしました。この日に見た紙面やネットでは、ずくめ、関わり、鳴き声、南種子、辺野古、小学校、遺伝子、スポット、コロナ、コラボ、市街地、加古川線、ジュゴン、オンライン、内風呂、メクル、自衛隊、ロケット、馬毛島、などなどのキーワードが目に止まりました。18個のコンテンツURLを記録しておきます。
太平洋戦争末期に中国東北部の旧満州に渡った開拓民の歴史を振り返り、残留孤児の苦難について理解を深めるつどいが28日、兵庫県尼崎市東難波町2の尼崎市立中央北生涯学習プラザであった。尼崎の日本語教室で学んだ残留孤児の宮島満子さん(84)=同市=の半生を紹介する朗読劇などがあり、約150人が参加した。
神戸新聞2020/11/29兵庫
播州鉄道が敷設し、太平洋戦争中に国有化された。1995年の阪神・淡路大震災では、寸断された山陽本線の迂回(うかい)路として利用された。2004年には全線が電化されている。
神戸新聞2020/11/29兵庫
高病原性鳥インフルエンザが確認された兵庫県淡路市内の養鶏場では28日、県の派遣要請を受けた陸上自衛隊員らによる鶏約14万5千羽の殺処分が終了した。連日、防護服姿の隊員を乗せた車両が行き交い、物々しい空気に包まれた田園地帯に静かな日常が戻ったが、引き続き鶏の焼却や鶏舎の消毒作業などが残っており、防疫措置が整うにはなお時間がかかる。
神戸新聞2020/11/29兵庫
播州鉄道が敷設し、太平洋戦争中に国有化された。1995年の阪神・淡路大震災では、寸断された山陽本線の迂回(うかい)路として利用された。2004年には全線が電化されている。
神戸新聞2020/11/29兵庫
データ中継衛星は国の安全保障などに関する情報を地上に届ける中継ぎをする。同衛星には、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の衛星も相乗りし、観測衛星と地上を仲介してデータを届ける技術実証をする。衛星間のやりとりには光通信を使う。
南日本新聞2020/11/29鹿児島
米軍艦載機による陸上空母離着陸訓練(FCLP)の移転を目指し、政府が鹿児島県西之表市の無人島・馬毛島の買収を地権者と合意して29日で1年。政府は地元説明会を連日のように開催。海上ボー。
西日本新聞2020/11/29鹿児島
データ中継衛星は安全保障や災害の被害状況などの情報を地上アンテナに届ける中継ぎをする。さらに飛行を続け、数十日後には約3万6000キロ上空の静止軌道に到着する見込み。現在、情報収集衛星は設計寿命を超えて運用する3機を含め8機体制。
南日本新聞2020/11/29鹿児島
そうした中で日本は安全保障面では中国を警戒しつつ、経済的な進展は図りたい微妙な立場だけに、難しいかじ取りを迫られる。内政では多様な国民の融和を掲げ、移民受け入れにも寛容な姿勢に転換を図るようだ。だが、厳格な移民政策にも一定の支持があるように、解決は簡単ではない。
高知新聞2020/11/29高知
天引では、2人が1904-05年の日露戦争で戦死したとされ、関連する記述の有無も調べる。登下校の安全に教員が気を配る記載も判明。原田さんは「明治の教員も丁寧に子どもを見て慈しんでいた。
京都新聞2020/11/29京都
川瀬監督は「戦争や原爆は子どもたちを巻き込んでしまうということを問題視した作品。映画を通じ、平和な未来をみんなで考えてもらいたい」と完成へ向けて意欲を燃やしている。寄付は一口3千円。
長崎新聞2020/11/29長崎
講話では、爆心地から700メートルの長崎医科大付属病院(当時)で被爆した池田道明さん(81)=西彼長与町=が「戦争がなければ原爆も落とされなかった。どうか戦争だけはしないで」と訴え、平和への思いを託した。
長崎新聞2020/11/29長崎
■愛称デゴイチ太平洋戦争が41年に始まり、軍事物資(ぶっし)の輸送(ゆそう)の要(かなめ)として大量生産されたのがD51形。「デゴイチ」の愛称(あいしょう)で知られ、日本の蒸気機関車の代名詞(だいめいし)にもなっています。
長崎新聞2020/11/29長崎
在沖米軍関係は嘉手納基地で新たに5人の陽性者を確認。累計では492人となった。(写図説明)県内の感染者数の推移(写図説明)県の新型コロナ感染に関する判断指標と現状。
沖縄タイムス2020/11/29沖縄
学校で使うと罰として「方言札」を首に掛けられ、太平洋戦争中は旧日本軍がスパイとみなすなど抑制され続けてきた。當眞会長は「しまくとぅばを使うことに対する卑屈感を持たせる風土が作られ、今でも継承の足かせになっている」と指摘する。
沖縄タイムス2020/11/29沖縄
在沖米軍関係の新規感染者は確認されなかった。県内では28日、10歳未満から90代までの男女78人が感染し、県が感染予防の徹底を呼び掛けていた21日からの3連休後の発症者が半数以上を占めた。県は3連休の影響とともに市中感染の広がりの可能性があるとみて警戒を強めている。
沖縄タイムス2020/11/29沖縄
重松院長は「歯の周りでは常に戦争が起きている」と表現し、歯周病がプラーク(歯垢=しこう)の中の細菌が原因で生じる炎症性疾患であることを説明。ケアが不十分だと炎症によって歯肉が歯から剝がれて「歯周ポケット」ができ、そこにプラークが入り込むという悪循環に陥り、歯を抜かざるを得なくなる場合もあるとした。
佐賀新聞2020/11/29佐賀
「豊明」は、戦争で一時途絶えたが100年前に使っていた銘柄を20年ほど前に復刻させた同社の看板商品。江戸時代の上納米で現在は市内でもわずかながらに栽培されている「白目米」を使用。米のうま味や甘さを引き出し、女性が好む甘い口当たりで芳醇(ほうじゅん)な味わいが楽しめるという。
埼玉新聞2020/11/29埼玉
沖縄県名護市辺野古へのこの米軍新基地建設現場の沿岸部で、絶滅危惧種のジュゴンとみられる鳴き声が今年に入り200回以上検出されている。
東京新聞2020/11/29東京