2020年9月30日 久米島、あいの里

2020年9月30日の16件のメディアの記事を分析しました。収集した新聞各社の報道を読むと、コロナ、諫早市、けが人、高校生、あいの里、久米島、などのことばをみつけることができました。16個のコンテンツURLを記録しておきますね。
防衛省が30日に発表した2021年度予算の概算要求総額は、20年度当初予算比3・3%増の5兆4898億円となり、過去最大を更新した。新型コロナウイルス対策に加え、宇宙など新たな防衛領域に対応するのが主な理由。
北海道新聞2020/9/30北海道
防衛省は2021年度、陸上自衛隊奄美駐屯地(奄美市名瀬大熊)など全国6カ所に、電波や赤外線で攻撃を防ぐ「電子戦」部隊を新設する。南西諸島周辺では中国軍が自衛隊や米軍の電波情報の収集を強めているとされ、体制を強化する。
南日本新聞2020/9/30鹿児島
29日午後3時20分ごろ、航空自衛隊松島基地(宮城県東松島市)所属の救難ヘリコプターUH60Jが飛行中、エンジン系統のトラブルが発生したため石巻北高飯野川校(生徒86人)のグラウンドに緊急着陸した。けが人はなかった。
河北新報2020/9/30宮城
大澤さんは被爆体験を話してくれた曽祖母の他界をきっかけに、被爆者や戦争体験者の減少を実感し、平和大使に応募。新型コロナウイルス感染症の影響で、今夏の国連欧州本部訪問などは中止になったが、平和大使の一員として署名活動に参加している。
長崎新聞2020/9/30長崎
【東京】防衛省は30日に決定した2021年度予算概算要求で、電磁波を使って相手のレーダーや通信を妨害し無力化する「電子戦」の専門部隊を新設する関連経費を計上した。沖縄県内では、22年3月までに陸上自衛隊の那覇駐屯地と知念分屯地(南城市)に部隊を配置する。
琉球新報2020/9/30沖縄
県によると、米軍からの新規感染報告はなかったという。【琉球新報電子版】。
琉球新報2020/9/30沖縄
在沖米軍関係はいなかった。県内では26、27日と2日連続で20人、28日14人、29日に19人の新規感染が確認されれている。二桁台の感染が続いているのは4連休の影響とみられ、県の糸数公保健衛生統括監は「問題は、感染患者がつながっていき、二次感染を起こしてつながっていくかどうかだ」とする。
沖縄タイムス2020/9/30沖縄
【伊江】沖縄県の伊江島で土地闘争に取り組んだ故阿波根昌鴻さんの足跡を伝える「わびあいの里」(謝花悦子理事長)の理事らが29日、伊江村役場を訪れ、米軍の伊江港利用に抗議の意思を伝え、要請書を島袋秀幸村長に手渡した。
琉球新報2020/9/30沖縄
【東京】防衛省は29日までに、沖縄県久米島町などから要望が上がっていた海洋深層水取水設備の新設を支援する方針を決めた。町が提出した要求事案について、防衛省は同日までに所定の審査を終え、今後、財務当局に所要額を求めていく。
琉球新報2020/9/30沖縄
米軍那覇港湾施設(那覇軍港)の浦添ふ頭への移設を巡り、玉城デニー知事は30日、現在、那覇港管理組合(管理者・玉城知事)が実施している民港の在り方に関する県民意識調査を中断することを明らかにした。開会中の9月定例会で発表した。
沖縄タイムス2020/9/30沖縄
在沖米軍関係の感染者はいなかった。
沖縄タイムス2020/9/30沖縄
米軍那覇港湾施設(那覇軍港)の浦添移設問題では与党との政策不一致できしみが生じるなど課題も表出している。自民党は2年後の知事選での県政奪還に向け県議会で攻勢を強めており、政局に絡む攻防が熱を帯びている。
沖縄タイムス2020/9/30沖縄
2017年10月、東村高江で起きた米軍ヘリコプター不時着炎上事故は、根本原因と責任者を特定できぬまま捜査が終わった▼何ともすっきりしない結末だが、予想していたことである。事故発生直後、現場に駆け付けた米軍は規制線を張り、大破した機体と土壌を持ち去った。
琉球新報2020/9/30沖縄
...【松田・基山町長】8時45分庁内調整会議【武広・上峰町】10時町子ども支援センター公開▽16時15分陸上自衛隊西部方面総監感謝状代理贈呈式【末安・みやき町長】午前町内用務▽午後県内用務【脇山・玄海町長】9時全員協議会および町議会定例会9月第2回会議▽14時、16時半来客【松尾・有田町長】10時半、13時半、16時来客【水川・大町町長】13時半町高齢者福祉計画策定委員会【山田・江北町長】10時庁内協...
佐賀新聞2020/9/30佐賀
串本町教育委員会(和歌山県)は、終戦75年事業として町内にある戦争遺跡をまとめた冊子を千部作った。町内の中学生や高校生に配布するほか、希望者には町文化センター(串本町串本)で配布している。冊子は、。
紀伊民報2020/9/30和歌山