2020年7月27日 小値賀、嘉手納、習志野、イエメン、長岡京、馬毛島、経ケ岬

2020年7月27日の28件の報道各社の記事などを確認しました。この日マスコミで報じられた内容には、イエメン、西之表、自衛隊、ストレス、ホスピス、ガソリン、コロナ、レベル、博物館、小値賀、経ケ岬、非公開、当たり、中学生、馬毛島、習志野、長岡京、オンライン、嘉手納、といった字句が記事にありました。28件の記事へのリンクをスクラップします。
陸上自衛隊習志野駐屯地(船橋市)は27日、神奈川県内で大麻を複数回使用したとして、第1空挺(くうてい)団第1普通科大隊の男性陸士長(24)を懲戒免職処分とした。同駐屯地によると、陸士長は2018年5月~今年3月ごろ、神奈川県内の公園などで複数回、大麻を使用。
千葉日報2020/7/27千葉
 イエメンでは2015年から内戦が続き数万人が死亡、多数の難民が出ている。大川さんによると、女性は約1年前に来日し、人道的な配慮で在留を認められているが、異国での出産を8月末に控え不安な日々を過ごしているという。
愛媛新聞2020/7/27愛媛
愛媛県松山市の戦争犠牲者を追悼する平和祈念追悼式が26日、松山市道後姫塚の市平和記念広場であった。約60人の遺族らが、白菊を献花して故人をしのび恒久の平和を願った。多くの犠牲者が出た松山大空襲の日に合わせ、市遺族会などでつくる実行委員会が主催し16回目。
愛媛新聞2020/7/27愛媛
「まさか戦争に負けるとは思わない。誇らしい気持ちでいっぱいだった」連隊は満州から激戦地のパラオに派遣され、二つの大隊(約2000人)が全滅するなど壮絶な地上戦を繰り広げた。山崎さんも命を落とし、遺骨として届いた白木の箱に、小石が一つ入っていただけだった。
上毛新聞2020/7/27群馬
【旭川】陸上自衛隊第2師団(旭川)は27日、同団第2後方支援連隊に所属する40代の2等陸佐が部下の規律違反を上司に報告しなかったとして、同日付で減給30分の1(1カ月)の懲戒処分とした。同団によると、2佐は昨年1月、規律違反に当たる速度超過の交通違反をしたと部下の隊員から報告を受けたが、上司に報告せず、必要な事務手続きも怠った。
北海道新聞2020/7/27北海道
福島市生まれの米国認定音楽療法士、佐藤由美子さん(43)が「戦争の歌がきこえる」を今月、出版した。
福島民報2020/7/27福島
「東京裁判」など戦争を扱った3本のドキュメンタリー映画が8月、神戸市中央区元町通4の元町映画館で連続上映される。直接戦争を知る世代が次々と鬼籍に入る一方、新型コロナウイルス禍もあり社会の硬直化や分断が進む現在。
神戸新聞2020/7/27兵庫
陸上自衛隊千僧駐屯地(兵庫県伊丹市)は27日、部下隊員による暴行事案を上司に報告しなかったとして、第3師団司令部の3等陸佐の40代男性を減給2カ月(5分の1)の懲戒処分にしたと発表した。同駐屯地によると2017年12月5日、部下隊員が先輩隊員を暴行する事案が発生したが、3等陸佐は上司への報告を怠ったとされる。
神戸新聞2020/7/27兵庫
陸上自衛隊霞ケ浦駐屯地は27日、電車内で女性に痴漢行為をしたとして、関東補給処行政職の男性事務官(46)を停職4カ月の懲戒処分にしたと発表した。同日付。事務官は28日付で依願退職する。
茨城新聞2020/7/27茨城
馬毛島への米軍施設に反対する市民・団体連絡会(三宅公人会長)は26日、西之表市民会館で総会を開いた。八板俊輔市長が来賓で初めて出席し「賛否を最終的に決めるのは市民の強い意向。この1、2年が地元の意思の見せどころ」と述べ、故郷を守る気概と覚悟で国との交渉に臨むとの姿勢を示した。
南日本新聞2020/7/27鹿児島
1945年の神足空襲では、同市神足地区の工場などが米軍の銃撃を受け、16歳の女性が死亡し、数人がけがをした。市は空襲のあった7月19日を「平和の日」と定め、講演会などの催し「平和を考えるフォーラム」を毎年開催している。
京都新聞2020/7/27京都
京都府は27日、京丹後市の米軍経ケ岬通信所で勤務する30代の米軍人男性が新型コロナウイルスに感染したと発表した。感染経路は不明で、軽症という。男性は23日に発熱や味覚異常などを訴え、26日に陽性が判明した。
京都新聞2020/7/27京都
旧海軍が使用中は立ち入りが禁止されており、住民は戦争の一端を示す迫力あるトンネル遺構を興味深そうに見学した。蛇島にはかつて佐波賀の住民の畑があったが、1916年に旧海軍が島を取得して22年に燃料保管施設を建設。
京都新聞2020/7/27京都
遺族ら約50人が参列し、太平洋戦争の空襲などで亡くなった市民123人の冥福を祈った。
宮崎日日新聞2020/7/27宮崎
しかも、戦争によって。言葉では理解できる。想像することも可能だ。
西日本新聞2020/7/27宮崎
「戦争を経験していない世代が国を動かしている今の時代に、こうした施設を保存していくことは戦争の悲惨さを伝えるため重要」と意義を説明した。
長崎新聞2020/7/27長崎
町教委の文化財担当者は、戦前の天皇制下の様子を伝える戦争遺跡や、近代の小値賀におけるコンクリート製建築物としての価値を評価。「今後も所有者の理解を得ながら、保存に向け調査を続けたい」としている。
長崎新聞2020/7/27長崎
日本が再び軍事衝突に巻き込まれそうになった朝鮮戦争時、西光は「政治的中立を守った技術援助こそが国際平和をもたらす」と提言した。「防衛予算を削減し、途上国への技術・資本協力に当てる」「自衛隊の機械・医療技術者と一般有志で組織した『和栄隊』を途上国に派遣する」などを盛り込んだ西光の主張は昭和41年、当時の社会党によって政策化されたものの、その後の発展を見ずに終わった。
奈良新聞2020/7/27奈良
米軍嘉手納基地は27日午後8時ごろ、米軍関係者1人と基地従業員1人が新型コロナウイルス検査で陽性となったことを発表した。フェイスブックに掲載した発表によると、感染が確認された米軍関係者は国外から嘉手納基地に到着して隔離されている期間中だった。
琉球新報2020/7/27沖縄
米軍関係者の感染について、在沖米海兵隊は27日、新規感染者がゼロだったと発表した。米側は県に同様の報告をした。【琉球新報電子版】新型コロナウイルス・沖縄の最新情報。
琉球新報2020/7/27沖縄
[沖縄 米軍コロナ禍]沖縄の米軍基地内での新型コロナウイルス感染が拡大する中、基地内のレストランなどサービス部門を運営するAAFES(米陸軍・空軍エクスチェンジサービス)がベースタクシー関係者らに向け、警戒レベルが上がっても基地内の通行が可能とする通達文書を出していたことが、26日までに分かった。
沖縄タイムス2020/7/27沖縄
豊見城署は26日、タクシー乗務員の男性(77)=浦添市=の胸を数回殴り、タクシー乗車料金を支払わずに逃走したとして、陸上自衛隊第15後方支援隊所属の3等陸曹(24)=那覇市=を強盗の疑いで逮捕した。調べに対して、「酔って覚えていない」と容疑を否認している。
沖縄タイムス2020/7/27沖縄
【中部】県は26日、米軍キャンプ・ハンセンと普天間飛行場に勤務する従業員を対象とした新型コロナウイルス感染症のPCR検査を25日に続き沖縄市の中部合同庁舎の外で実施した。2日間の検査数は速報値で1006件だった。
琉球新報2020/7/27沖縄
米軍関係については、新たに7人の感染を確認したと発表。内訳はキャンプ・ハンセン6人、キャンプ・フォスター1人で県が発表する米軍関係者の累計は236人となった。また、在沖米海兵隊は同日、フェイスブックで新たに8人の新型コロナウイルス感染者が確認されたと公表した。
琉球新報2020/7/27沖縄
また在沖米軍基地内で発生しているクラスター(感染者集団)について記者から「警戒レベル引き上げの根拠に含まれているのか」と問われると、「具体的にはまだ影響がないと考えている」と応じ、判断基準に含まれていないとの認識を示した。
琉球新報2020/7/27沖縄
太平洋戦争末期に大阪市東住吉区に落とされた「模擬原爆」の犠牲者を悼む追悼式が26日、投下地点の近くにある恩楽寺で行われ、当時を知る参列者が戦争の悲惨さを伝えた。新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、オンライン形式で地元の中学校も参加した。
大阪日日新聞2020/7/27大阪
供養塔の前で手を合わせる本間順一さん(中央)ら参拝者=26日、松江市玉湯町湯町、報恩寺太平洋戦争終結間際、松江市玉湯町内の宍道湖岸にあった海軍航空隊基地建設地を標的にした空襲の慰霊祭が26日、同町湯町の報恩寺であった。
山陰中央新報2020/7/27島根
一九四五年七月、米軍のB29爆撃機が宇都宮を襲った「宇都宮空襲」にちなみ、ボランティア団体などでつくる市平和のつどい実行委員会などは、戦争の悲惨さや平和について考える「平和啓発リーフレット」を作った。
東京新聞2020/7/27栃木