2021年1月16日 西之表、鹿児島、馬毛島

2021年1月16日の6件のメディアの記事などを精査しました。収集した新聞各社の報道を読むと、西之表、コロナ、きっかけ、馬毛島、鹿児島、ワクチン、投開票、といった熟語などが記事にありました。6個のコンテンツURLを記録しておきますね。
陸上自衛隊第12旅団(田尻祐介旅団長)に所属する第12ヘリコプター隊の年初編隊飛行訓練が15日、群馬県榛東村の相馬原飛行場を発着点に行われた。隊員約30人が操縦技術や安全意識の向上に向け決意を新たにした。
上毛新聞2021/1/16群馬
防衛省が西之表市馬毛島で進める自衛隊基地整備計画の賛否が争点となる31日投開票の同市長選挙について、塩田康一知事は15日、定例会見で「住民の考えが示される一つの指標になる。選挙結果をしっかり受け止めたい」との考えを示した。
南日本新聞2021/1/16鹿児島
京都府京丹後市の米軍経ケ岬通信所は15日、通信所で勤務する軍人や軍属が、米モデルナ社製の新型コロナウイルスワクチンの接種を受けたと公表した。在日米陸軍司令部広報によると、軍の運用上、接種人数は公表できないが「第14ミサイル防衛中隊(同通信所)において接種を希望し、受ける資格を持つ者は全員ワクチンを受けた」としている。
京都新聞2021/1/16京都
海上自衛隊の舞鶴地区の部隊では40代男性隊員が感染した。木津高(木津川市)の生徒2人、京都八幡高(八幡市)の生徒1人、北嵯峨高(京都市右京区)の教員と生徒各1人の感染も分かった。居住地別では、宇治市が11人、長岡京、木津川、舞鶴の3市が各5人、京都、向日、京田辺、城陽、八幡の5市と大山崎町が各3人、南丹市が2人、福知山、京丹後、宮津、亀岡の4市と笠置町が各1人だった。
京都新聞2021/1/16京都
在沖米軍関係は4人が感染し、累計で802人となった。県内では感染拡大ペースが速まっており、15日の県発表では年末年始の家族親族や同級生の集まりと職場の納会で計5件のクラスター(感染者集団)が明らかになった。
沖縄タイムス2021/1/16沖縄
吉野ヶ里町の陸上自衛隊目達原駐屯地(竹内綱太郎指令)で8日、成人式が開かれた。35人が新成人を迎え、「成人としての自覚持ち、感謝の気持ちを忘れず、立派な社会人になる」と気を引き締めていた。式は、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、関係団体などからの来賓の参加はなく、隊員同士の距離の確保と定期的な換気を徹底して実施。
佐賀新聞2021/1/16佐賀