2021年1月17日 自衛隊

2021年1月17日の8件のマスコミ報道を解析しました。可能な限りみたところ、レベル、自衛隊、コロナ、博物館、大震災、テスト、おふくろ、といった言葉が見出しに使われていました。8件の記事URLは以下の通りです。
戊辰戦争時の会津藩家老で明治に軍人として活躍した山川浩(大蔵)と、浩の弟で東京帝大総長などを歴任した山川健次郎に焦点を当てたテーマ展「山川浩と健次郎」は十六日、会津若松市の県立博物館で始まった。
福島民報2021/1/17福島
戦争で父親を亡くし、働きながら弟や妹を支えた馨さんに、母はいつも寄り添ってくれた。「ここに来ればいつでもおふくろに会える」。馨さんは穏やかな表情で語った。
神戸新聞2021/1/17兵庫
家の近所は軒並みビルや高速道路の橋脚が崩れ、「戦争のようだった」。直後に妻成子[しげこ]さん(66)の故郷の人吉市に一家でいったん避難。その後、家族で話し合い、神戸に戻ることを諦めた。
熊本日日新聞2021/1/17熊本
防衛省海上幕僚監部は17日、舞鶴地区の海上自衛隊に勤務する20代の艦艇乗員4人が新型コロナウイルスに感染した、と発表した。4人は同じ職場で12日に感染が判明した20代隊員の接触者といい、府は「感染経路を調査中。
京都新聞2021/1/17京都
海上自衛隊の舞鶴地区の部隊ではいずれも20代の男性隊員4人の感染が新たに分かった。居住地別では、宇治市が22人、八幡、城陽、舞鶴の3市が各6人、木津川、亀岡の2市と精華町が各3人、南丹市が2人、京都、京田辺の2市と大山崎、宇治田原、京丹波の3町、大阪府内が各1人。
京都新聞2021/1/17京都
嘉手納基地では米軍戦闘機の離着陸が確認されたが、試験への支障は確認されていない。第1日程の16日は地理歴史と公民、国語、外国語、17日は理科と数学を実施する。全国の志願者数は昨年より2万2454人少ない53万5245人。
沖縄タイムス2021/1/17沖縄
在沖米軍関係は嘉手納基地とキャンプ・ハンセン、キャンプ・キンザー、キャンプ・シールズで各1人だった。
沖縄タイムス2021/1/17沖縄
在沖米軍関係は日曜日のため報告はなかった。県の16日の発表では同日、県内で130人が感染した。世代別では20代が最多の31人で、10~30代が半数以上を占めた。
沖縄タイムス2021/1/17沖縄