2021年3月29日 伊勢崎、自衛隊

2021年3月29日の7件のメディア記事を確認しました。新聞各社の報道では、コロナ、伊勢崎、一体化、自衛隊、れんが、などの熟語などが目に止まりました。7の記事へのリンクを参考までに書いておきますね。
青森県むつ市のご当地グルメ「大湊海自カレー」で、海上自衛隊大湊基地に配備されている護衛艦「ゆうだち」のカレーが約1年ぶりに復活する。大湊海自カレー普及会が24日、提供店の「プラザホテルむつ」で審査会を開き、認定を受けた。
東奥日報2021/3/29青森
戦争の悲惨さを後世に伝える遺構として、群馬県伊勢崎市は、伊勢崎空襲(1945年)の爆撃の痕跡が残るれんが塀の一部を同市大手町から、同市曲輪町の公園予定地に移設した。悲惨な空襲被害を物語る、焼け焦げた塀をモニュメントにし、案内板で市民らに戦争の不条理さと戦禍の記憶を伝えていく。
上毛新聞2021/3/29群馬
【千歳】陸上自衛隊第1特科団(千歳)は29日、正当な理由なく20日間以上欠勤したとして、同団第1地対艦ミサイル連隊の男性陸士長(22)を懲戒免職処分にした。同団によると、陸士長は昨年9月8日以降、今月29日まで欠勤していた。
北海道新聞2021/3/29北海道
陸上自衛隊北部方面総監に26日付で着任した沖邑佳彦陸将(56)が29日、北部方面総監部(札幌)で記者会見した。同日で施行5年を迎えた安全保障関連法に関し「わが国の防衛に果たす役割は非常に大きく、日米の協力、連携を高めていく必要がある」と述べた。
北海道新聞2021/3/29北海道
【帯広】陸上自衛隊第5旅団(帯広)は29日、同僚隊員の現金を盗んだとして、第4普通科連隊(同)の男性陸士長(23)を同日付で懲戒免職にしたと発表した。同旅団によると、陸士長は1月4日、帯広駐屯地内の寮で同室に住む隊員のキャッシュカード1枚を盗み、同駐屯地内の現金自動預払機(ATM)から現金42万円を引き出した。
北海道新聞2021/3/29北海道
21人のうち1人は陸上自衛隊福島駐屯地(福島市)の隊員で、クラスター(感染者集団)は計20人に拡大した。また、郡山市の50代男性は県北建設事務所職員で、同事務所職員の感染者は計2人となった。21人の内訳は郡山市8人、二本松市3人、田村市と相馬市が各2人、福島市、いわき市、大玉村、石川町、小野町、矢吹町が各1人。
福島民友新聞2021/3/29福島
自衛隊の任務を拡大し、他国を武力で守る集団的自衛権の行使を可能とした安全保障関連法は29日で施行から5年となった。
東京新聞2021/3/29東京