2021年4月7日 佐世保、あたご、となみ、若狭湾、オスプレイ、有明海、新田原

2021年4月7日の13件の記事を分析しました。ザッピングしたところ、佐世保、わいせつ、インパルス、フッ素、働き掛け、新田原、有明海、フェア、若狭湾、オスプレイ、あたご、コロナ、となみ、ミサイル、という語句が使われていました。13の記事へのリンクを参考までに書いておきます。
米軍三沢基地は6日、基地関係者1人から新型コロナウイルス感染者が新たに確認されたとホームページ上で公表した。同基地で感染者が確認されたのは1月28日以来、約2カ月ぶり。感染者は大阪に滞在した後。
東奥日報2021/4/7青森
DVDの中で、学芸員だった原田恒弘さん(83)は「前橋空襲を通して戦争について考え、命の尊厳を訴える」といった設立に込めた思いを語った。回覧板で地元住民に呼び掛けて資料収集したり、資料を研究したりするなどのこれまでの活動や、市民とのつながりも振り返った。
上毛新聞2021/4/7群馬
遺族は、戦争体験と戦後の苦悩を乗り越えた正さんの姿が胸に焼き付く。正さんは旧制小野中学校(現小野高校)卒業後、教師の道を歩むため、池田師範学校(現大阪教育大)に進学した。在学中に徴兵され、海軍に入隊。
神戸新聞2021/4/7兵庫
京都府舞鶴市の海上自衛隊舞鶴地方隊と第8管区海上保安本部は6日、京都府と福井県沖の若狭湾で不審船対応訓練を実施した。自衛隊の艦艇や海保の巡視船などが参加して、情報共有しながら不審船を追い、有事の連携を確認した。
京都新聞2021/4/7京都
クラスター(感染者集団)が発生している海上自衛隊の舞鶴地区所在部隊で新たに1人の陽性が判明し、感染者は計10人となった。居住地は宇治市10人、木津川市8人、福知山市と向日市、京田辺市が各5人、城陽市と長岡京市が4人、京都市と亀岡市、八幡市が各3人、南丹市が2人、舞鶴市と大山崎町、宇治田原町が各1人。
京都新聞2021/4/7京都
海上自衛隊舞鶴基地を母港とする護衛艦「まつゆき」が7日、除籍となり、京都府舞鶴市北吸の北吸岸壁で自衛艦旗返納行事があった。35年の就役を終えて、引退となった艦船に自衛官らが別れを告げた。まつゆきは長さ130メートル、幅13.6メートルで速射砲などを備える。
京都新聞2021/4/7京都
岸信夫防衛相は6日の記者会見で、政府が調整する航空自衛隊新田原基地(新富町)への最新鋭ステルス戦闘機F35Bの配備に関し「有力な候補地であることは間違いない」と述べた。
宮崎日日新聞2021/4/7宮崎
海上自衛隊佐世保地方総監部は6日、同僚隊員2人にわいせつな行為をしたとして護衛艦「あしがら」の20代男性3等海曹を免職の懲戒処分にしたと発表した。同総監部によると3曹は昨年8月16日の深夜から同17日未明にかけ、当時所属していた部隊の同僚隊員2人に対し屋内でわいせつな行為をした。
長崎新聞2021/4/7長崎
米軍関係の新規感染は6人だった。6日には、新たに10歳未満~90代以上の男女98人の新型コロナウイルス感染が確認されていた。県内の累計感染者は1万人を超え、千人ごとの増加は過去最速タイのペース。
沖縄タイムス2021/4/7沖縄
航空自衛隊那覇基地は7日、2月に流出した泡消火剤に有機フッ素化合物PFOS(ピーホス)などが含まれていたとの調査結果を公表した。那覇基地内の水路中流で回収した泡消火剤から、ピーホスが1リットル当たり3010ナノグラム、PFOA(ピーホア)が同3380ナノグラム検出された。
沖縄タイムス2021/4/7沖縄
佐賀空港への自衛隊輸送機オスプレイ配備計画に関し、空港がある佐賀市川副町の自治会長らが7日、佐賀県有明海漁協本所と4支所に「防衛省に住民説明会を開くように働き掛けてほしい」との要望書を提出した。九州防衛局は自治会長らが要望していた説明会を実現しないまま、3月24日から3日間、駐屯地候補地の地権者が在籍する漁協南川副支所の組合員を対象に説明会を開いており、自治会長らは「不信感が高まった。
佐賀新聞2021/4/7佐賀
第70回となみチューリップフェアが開幕する22日に、航空自衛隊のアクロバット飛行チーム「ブルーインパルス」がフェア会場の砺波チューリップ公園(富山県砺波市花園町)上空を飛行することが6日、砺波市など。
北日本新聞2021/4/7富山
特別展「海峡に魅せられた幕末の英傑」が、下関市長府川端の市立歴史博物館で開かれている。
山口新聞2021/4/7山口