2021年4月30日 馬毛島、自衛隊、鹿児島、嘉手納

2021年4月30日の9件のマスコミ報道を観察しました。収集した新聞各社の報道を読むと、オスプレイ、思い出、自衛隊、鹿児島、トラック、サイズ、嘉手納、馬毛島、コロナ、などなどの字句が目に止まりました。9件の記事へのリンクをスクラップしておきますね。
ただ戦争放棄を定めた9条については「改正すべきではない」が57%(同6ポイント減)と半数を超えており、「改正すべきだ」は36%(同5ポイント増)だった。改憲必要派は、男性の66%、女性の54%を占めた。
北海道新聞2021/4/30北海道
県は在沖縄米軍で2人が感染したことも公表し、感染者は計1316人になった。県の集計には含めていない。福井県は4月22日に独自の「緊急事態宣言」を発出。
福井新聞2021/4/30福井
南日本新聞社が鹿児島県内の約千人に実施した電話世論調査によると、西之表市馬毛島で政府が進める米軍空母艦載機の陸上離着陸訓練(FCLP)移転を含む自衛隊基地整備計画に反対と答えたのは52.1%で、賛成とした人の39.2%を12.9ポイント上回った。
南日本新聞2021/4/30鹿児島
落合さんは「皆さんとほぼ同世代の若者が、自分の意思と関わりなく戦争へ行き、命を落とさねばならなかった時代があったことをしっかりと受け止めたい」とあいさつ。「あなたを生きることができるのは、あなたしかいない」という意味の英文を読み上げ、「20年たったら、20歳の時に思ったことをどれだけ実現しているか考えてほしい」と呼び掛けた。
信濃毎日新聞2021/4/30長野
ティムさんによると、春子さんは長崎で被爆した後、1958年に東京の米軍横田基地に勤めていたリン・レインズベリーさんと結婚。名前を「ハルコ・レインズベリー」とし、オレゴン州ペンドルトン市で暮らしていたという。
長崎新聞2021/4/30長崎
在沖米軍関係は新たに2人が感染し、累計で1316人となった。
沖縄タイムス2021/4/30沖縄
【山形】戦後の占領統治下で、米軍の砲撃用演習地として土地を接収された山形県村山市戸沢地区の暮らしを描いた児童小説「ヘイタイのいる村」がこのほど出版された。同小説は1958年、地元の青年5人の共同創作で地域紙・中奥日報(現・米沢新聞)に連載されたもの。
沖縄タイムス2021/4/30沖縄
米軍基地のそばを通る時、目に飛び込んでくる「日の丸」と「星条旗」は、日によって大きさや掲げ方が異なっている。両国旗の大きさは3種類あり、明確なルールに基づいて掲げる旗が決まるという。2021年に入ってからは黒い旗も常時、掲げることになった。
琉球新報2021/4/30沖縄
【中部】米軍嘉手納基地(沖縄県)で30日午後4時ごろから、米軍横田基地配備のCV22オスプレイ1機が離着陸を繰り返す様子が確認された。CV22は3月下旬に嘉手納へ飛来し、訓練後に帰還したとみられるが、約1カ月ぶりに嘉手納へ飛来した。
沖縄タイムス2021/4/30沖縄