2021年6月22日 外務省、佐世保、龍太郎、オスプレイ、自衛隊、五十嵐

2021年6月22日の14件の記事を確認しました。可能な限りみたところ、オンライン、リアル、外務省、トランプ、コロナ、アセス、五十嵐、佐世保、取り締まり、龍太郎、お参り、オスプレイ、自衛隊、という語句が使われていました。14個のコンテンツURLを記録しておきますね。
岸信夫防衛相は22日の閣議後会見で、陸上自衛隊新屋演習場(秋田市)が候補地だった地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の配備計画断念に伴う地元住民への説明会に関し、新型コロナウイルスの感染状況。
秋田魁新報2021/6/22秋田
菅義偉首相が外交・安全保障政策の司令塔役となる国家安全保障局(NSS)の次期局長に秋葉剛男外務事務次官(62)を起用する方針を固めた。安倍前政権下で、官邸主導外交に深くかかわってきた警察庁出身の北村滋局長(64)は退任する見通しだ。
北海道新聞2021/6/22北海道
陸上自衛隊福島駐屯地は21日、飲酒の席で後輩隊員3人の頭を殴るなどの暴行を加えたとして、第44普通科連隊の男性1等陸曹(46)を減給2カ月(15分の1)の懲戒処分にしたと発表した。処分は同日付。同駐屯地によると、男性1等陸曹は2016(平成28)年12月~18年6月までの間、飲酒の席で後輩隊員3人に対し、部下に対する接し方の指導などと称して、頭を殴るなどの暴行を加えたという。
福島民友新聞2021/6/22福島
海上自衛隊は21日、対潜評価隊(横須賀市)の海曹隊員を停職15日の懲戒処分にした。昨年11月2日、長野県松本市内で無免許で私有車を運転したという。警察の取り締まりを受けた本人が部隊に報告した。
神奈川新聞2021/6/22神奈川
民間人を含む約20万人が犠牲となった太平洋戦争末期の沖縄戦で、同居の家族5人全員を失った女性が京都市伏見区にいる。父以外は遺骨も遺品も見つかっていない。戦没者の遺骨が眠る本島南部の土砂が米軍新基地建設に使われる可能性が出ており、「悔しい。
京都新聞2021/6/22京都
勤務時間外に賭けトランプを複数回行い、口論になった同僚隊員の頭部を複数回殴ったとして長崎県の海上自衛隊佐世保地方総監部は21日、護衛艦「あしがら」の男性2等海曹(43)を停職1カ月に、同じくトランプに参加した20~30代のいずれも男性2、3等海曹計8人を停職6日の懲戒処分にしたと発表した。
長崎新聞2021/6/22長崎
米軍普天間飛行場の返還問題を巡り、1996年から97年にかけて当時の橋本龍太郎首相と大田昌秀知事が行った会談で、県が残した記録は新聞報道と酷似した概要だけであることが、沖縄タイムスの情報開示請求で分かった。
沖縄タイムス2021/6/22沖縄
祖母の故花城セイさんからよく聞かされたのは、石垣島で戦争マラリアで失った2歳の息子、貞男さんのこと。「自分が死んだら真っ先に(貞男さんの)手を取って抱きしめたい」と涙ながらに語っていたことを今でも鮮明に覚えている。
沖縄タイムス2021/6/22沖縄
在沖米軍関係の感染は0人だった。(いずれも速報値)【関連ニュース】▼ワクチン会場の那覇市職員が感染、市民は濃厚接触に該当せず▼ワクチン「発熱」「だるさ」高年齢ほど軽く…北部医師会病院の550人▼行きつけの飲み屋も休業…死後1カ月半後に発見された男性▼沖縄緊急事態、効果が出るのはいつ?▼【写真特集】コロナ禍でも人気沖縄・超高級ホテルの世界。
琉球新報2021/6/22沖縄
米軍関係者の新規感染は確認されなかった。県は21日、10歳未満から90代の男女33人の新型コロナウイルス感染を確認していた。先週の月曜日から21人減少し、18日連続で前週の同じ曜日の感染者を下回った。
沖縄タイムス2021/6/22沖縄
米軍の攻撃で背中にけがを負いながら首里から本島南部に避難。1945年6月22日、米軍の捕虜になった。石川収容所(現うるま市)で半年以上過ごし、翌年1月、翁長さんが住んでいた真和志村の住民は、現在の糸満市米須辺りに集まるよう知らせを受けた。
沖縄タイムス2021/6/22沖縄
佐賀空港への自衛隊輸送機オスプレイ配備計画で、防衛省が造成を検討している駐屯地候補地の33ヘクタールについて、佐賀県は21日、「条例上では環境影響評価(環境アセスメント)は不要」との見解を改めて示した。
佐賀新聞2021/6/22佐賀
【足利】市は21日、防衛省や県が設置する大規模接種会場で新型コロナウイルスワクチン接種を希望する18歳以上の市民に対し、接種券の即日発行を始めた。市役所6階の新型コロナウイルス感染症対策室で、月~金曜の午前8時半~午後5時15分に受け付ける。
下野新聞2021/6/22栃木
映画は太平洋戦争末期に沖縄県警察部長を務めた宇都宮市出身の荒井退造(あらいたいぞう)と、荒井と共に県民の救済に尽力した沖縄県知事島田叡(しまだあきら)らの生きざまを描く。
下野新聞2021/6/22栃木