2021年6月28日 新田原、秋田大、衆議院、佐世保

2021年6月28日の15件の新聞記事などをチェックしました。収集した新聞各社の報道を読むと、ウイルス、新田原、衆議院、秋田大、県議会、リアル、大学生、きょう、コロナ、特攻隊、佐世保、不時着、心遣い、といったキーワードが見出しに使われていました。15件の記事URLは以下の通り。
昨年8月の本紙連載「祖父たちの戦争」(全8回)と、随時掲載している連載「戦禍の記憶」には、読者から多くの反響が寄せられている。ただ、そのほとんどは戦争や終戦直後の生活を経験した70代以上とみられる。
秋田魁新報2021/6/28秋田
秋田魁新報では昨年8月以降、「祖父たちの戦争」「戦禍の記憶」という二つの連載で、戦争の記憶を伝えています。
秋田魁新報2021/6/28秋田
全国の地方議会が米軍機の低空飛行訓練の中止を求めて衆議院に提出し、受理された意見書が2020年度少なくとも15件に上り、19年度の7件から倍増していることが分かった。米軍機訓練ルート下の四国、沖縄地方での目撃情報件数の急激な増加が背景にある。
南日本新聞2021/6/28鹿児島
新富町・航空自衛隊新田原基地を巡る騒音訴訟で、宮崎地裁は28日、国に損害賠償を命じる判決を言い渡した。飛行差し止め請求は棄却した。
宮崎日日新聞2021/6/28宮崎
新富町・航空自衛隊新田原基地の自衛隊機による騒音を巡り、同町と西都、宮崎市の住民178人が国に対し、飛行差し止めと損害賠償を求めた訴訟の判決は28日、宮崎地裁で言い渡される。
宮崎日日新聞2021/6/28宮崎
このうち2人が海上自衛隊員で、既に公表した3人と合わせ、計5人の海上自衛隊員のクラスター(感染者集団)となった。
長崎新聞2021/6/28長崎
「ウイルスとの戦争」という表現があるが、敵を滅ぼすという意味ならば勝ち目はない。歴史に登場する疫病は多いが、現在それらの多くと人は「共生」している。もし根絶していれば抵抗力という武器を得ることができなかった。
長崎新聞2021/6/28長崎
佐世保市の10代と20代、川棚町の20代は、いずれも海上自衛隊員の男性。このうち佐世保市の2人は、既に感染を確認している別の海自隊員と接触があった。濃厚接触者などは調査中。
長崎新聞2021/6/28長崎
国と米軍の分析結果が分かり次第、公表する。事故は今月10日に発生。県による調査は事故から18日が経過していた。
沖縄タイムス2021/6/28沖縄
米軍関係は新たに3人が感染し、累計で1451人となった。県は27日、10歳未満~90代の男女61人の新型コロナウイルス感染を確認した。新規感染者数が前週の日曜日と同じ数字で、前週を下回らなかったのは3日以来24日ぶりだった。
沖縄タイムス2021/6/28沖縄
沖縄県議会(赤嶺昇議長)は28日の6月定例会で、うるま市津堅島の畑に米軍普天間飛行場所属UH1ヘリが不時着した事故に対する抗議決議と意見書を全会一致で可決した。現場は民家から約120メートルしか離れておらず「一歩間違えば人命にかかわる重大な事故につながりかねなず、県民に不安を与えた」と指摘。
沖縄タイムス2021/6/28沖縄
27日午前5時20分ごろ、沖縄県恩納村真栄田の県道6号で、米軍キャンプ・ハンセン所属の米海兵隊上等兵の男性(21)が運転する普通乗用車が、歩道にある電柱に衝突した。男性の呼気からは基準値の3倍を上回るアルコールが検出されたといい、石川署は今後、この男性を道交法違反(酒気帯び運転)容疑で書類送検する方針。
沖縄タイムス2021/6/28沖縄
東芝は原発や半導体などを手掛けており、外為法で安全保障上重要な「コア業種」に指定されている。経産省が関与するのはおかしくないが、株主総会に介入し、株主の権利をないがしろにすることは認められない。報告書に記述された事実があったとすれば、行きすぎではないか。
佐賀新聞2021/6/28佐賀
高島市の陸上自衛隊饗庭野演習場などで実施されている日米共同訓練に反対する集会が二十七日、高島市今津町であった。
中日新聞2021/6/28滋賀
神事で玉串を奉納する参列者=徳島市雑賀町東開の県護国神社太平洋戦争末期に松茂町の旧海軍徳島航空基地で編成された「徳島白菊特攻隊」の慰霊祭が27日、徳島市雑賀町東開の県護国神社で開かれ、遺族ら15人が特攻で亡くなった56人の冥福を祈った。
徳島新聞2021/6/28徳島