2021年7月2日 大芦川、佐世保、オスプレイ、大詫間

2021年7月2日の10件のマスコミ報道をチェックしました。収集した新聞各社の報道を読むと、コロナ、クラフト、横断幕、飛行機、ミサイル、佐世保、大芦川、オスプレイ、大詫間、などの言葉をみつけることができました。10件の記事へのリンクをスクラップしました。
醸造するのは米軍人から転身したギャレス・バーンズさん(36)。JR青森駅近くにオープンさせた「AomoriBrewPub(青森ブリューパブ。
河北新報2021/7/2青森
処理は海上自衛隊大湊警備隊の水中処分隊が実施する。不発。
東奥日報2021/7/2青森
県は在沖縄米軍で1人が陽性だったことも公表し、感染者は計1455人になった。県の集計には含めていない。福井県は7月8日まで独自の「福井県緊急事態宣言」を発令。
福井新聞2021/7/2福井
陸上自衛隊と米陸軍は1日、奄美市の奄美駐屯地で対空戦闘を想定した日米共同訓練を行い、報道陣に一部公開した。沖縄を除く南西地域で米陸軍の地対空誘導弾パトリオット(PAC3)を初めて展開し、海洋進出を強める中国などを念頭に日米ミサイル部隊の共同対処能力向上を図った。
南日本新聞2021/7/2鹿児島
米軍輸送機オスプレイの定期整備が今月以降、在日米海軍厚木基地(神奈川県大和、綾瀬市)に隣接する日本飛行機(本社・横浜市)の厚木工場内(大和市)で実施されることが1日、分かった。
神奈川新聞2021/7/2神奈川
佐世保市では、海上自衛隊のクラスター関連で検査を受けた10代の男女隊員、20代男性隊員の計3人の感染が分かり、関連の感染者は計10人となった。20代男性飲食店従業員は市内陽性者の濃厚接触者。この男性と6月28日に接触した20代女性の陽性も確認された。
長崎新聞2021/7/2長崎
佐賀空港への自衛隊輸送機オスプレイ配備計画で、防衛省九州防衛局は1日、佐賀県有明海漁協大詫間支所に所属する配備候補地の地権者への説明会を開いた。対象者の5割ほどに当たる62人が出席し、前日の広江支所に続いて、ノリ漁に及ぼす影響への懸念に加え、説明内容の不十分さを指摘する声が相次ぎ「可否を判断する材料にならない」と不満の声が上がった。
佐賀新聞2021/7/2佐賀
実家の古峯(ふるみね)神社で神職を務める石原選手は25、26の両日、練馬区の陸上自衛隊朝霞訓練場で行われる女子スキートに出場する。同地区自治会協議会の矢野隆幸(やのたかゆき)会長(65)は「幼少期から頑張っている石原選手を見てきた。
下野新聞2021/7/2栃木
実家の古峯(ふるみね)神社で神職を務める石原選手は25、26の両日、練馬区の陸上自衛隊朝霞訓練場で行われる女子スキートに出場する。同地区自治会協議会の矢野隆幸(やのたかゆき)会長(65)は「幼少期から頑張っている石原選手を見てきた。
下野新聞2021/7/2栃木
6月3日に徳島空港で起きた海上自衛隊徳島教育航空群(徳教群、松茂町)のTC90練習機の着陸失敗。4時間にわたって滑走路が閉鎖される事態となり、民間と自衛隊の共用空港のマイナス面が露呈した。現在の空港使用状況では滑走路の増設など抜本的な対策を講じるのは難しく、トラブル発生時の民間機への影響は今後も避けられそうにない。
徳島新聞2021/7/2徳島