2021年7月4日 自衛隊、小川原湖、馬毛島、鹿児島、新田原、絃二郎、オスプレイ

2021年7月4日の12件の新聞記事などを収集しました。この日確認した報道では、コロナ、鹿児島、ミサイル、小川原湖、オスプレイ、プロジェクト、願い事、自衛隊、トンネル、絃二郎、新田原、ウェブ、馬毛島、といった語句が見出しに使われていました。12個のコンテンツURLを記録しておきます。
在日米軍の輸送機CV22オスプレイが6月30日と7月1日に青森県東北町の小川原湖上空で行った訓練とみられる飛行に関し、県と東北町は3日、東北防衛局長に対し、速やかな事実関係の確認など3点を要請した。
東奥日報2021/7/4青森
太平洋戦争中の1945(昭和20)年7月7日に千葉市内であった「七夕空襲」にちなみ、市は、子どもに願い事や平和の祈りを短冊に書いてもらう「七夕平和プロジェクト」を始めた。
東京新聞2021/7/4千葉
憲法は、「死者」が経験した戦争や差別などの苦難や失敗の末にできたものと指摘した。
北海道新聞2021/7/4北海道
太平洋戦争末期に兵庫県の姫路市街地を焼き払い、173人の命が奪われた2回目の姫路空襲から3日で76年がたった。母や幼い妹と逃げ惑い、自宅を失った竹居洋子さん(83)=同市=は「姫路にも戦争があったということを知ってほしい。
神戸新聞2021/7/4兵庫
航空自衛隊小松基地の第306飛行隊創設40周年記念式典は3日、同基地で行われ、加治屋(かじや)秀昭基地司令や隊員、同隊の協力団体「イーグル会」の計約130人が節目を祝福した。
北國新聞2021/7/4石川
西之表市馬毛島への米軍空母艦載機陸上離着陸訓練(FCLP)移転と自衛隊基地整備計画に反対する県民集会が3日、鹿児島市の中央公園であった。約200人(主催者発表)が集まり、「住民の分断を生む基地はいらない」と訴えた。
南日本新聞2021/7/4鹿児島
海上自衛隊は3日、厚木基地(神奈川県大和、綾瀬市)に所属するP1哨戒機の部品1点を紛失したと発表した。飛行中に落下したとみられる。第4航空群司令部によると、部品は右主翼後縁部のフラップ付近の緩衝。
神奈川新聞2021/7/4神奈川
4日午前8時55分ごろ、熊本県菊陽町戸次の県道のトンネル新熊本空港地下道(468メートル)内で、熊本市東区の陸上自衛隊健軍駐屯地の大型トラックから出火、運転席後方のエンジン部分を焼いた。
熊本日日新聞2021/7/4熊本
新富町・航空自衛隊新田原基地の騒音訴訟原告団は3日、宮崎地裁判決の報告会を町総合交流センターで開いた。原告約40人が出席し、弁護団が判決内容を説明。満足できるものではないとして来週にも控訴する方針を。
宮崎日日新聞2021/7/4宮崎
佐世保市では、これまでに確認された海上自衛隊のクラスター(感染者集団)が拡大。新たに20代女性海上自衛隊員の陽性が判明し、クラスターは計11人となった。10代男子学生と10代女子学生は、市内陽性者の同居家族。
長崎新聞2021/7/4長崎
吉田絃二郎顕彰会の牟田辰三会長(77)は「芥川龍之介と並ぶほど活躍した作家で、戦争の影響がなければもっと読まれていたはず。地元の誇りとして伝え、再評価につなげてもらえれば」と期待を込める。開館時間は午前9時から午後5時まで。
佐賀新聞2021/7/4佐賀
佐賀空港への自衛隊輸送機オスプレイ配備計画で、防衛省九州防衛局による地権者説明会は3日、駐屯地候補地を所有する佐賀県有明海漁協南川副支所の非組合員で、ノリ漁を引退した人などを対象に開かれた。
佐賀新聞2021/7/4佐賀