2021年7月6日 小川原湖、淡路島、なんの、有明海、オスプレイ

2021年7月6日の22件の報道各社の記事などを解析しました。この日マスコミで報じられた内容には、なんの、コロナ、ちゃん、有明海、県知事、パゴダ、小川原湖、まん延、町議会、淡路島、オスプレイ、パワハラ、のようなことばが使われていました。22件の記事へのリンクをスクラップしておきますね。
航空自衛隊秋田分屯基地は6日、秋田救難隊の20代男性空士長が昨年11月に道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで県警に摘発されたとして、停職3カ月の懲戒処分にした。
秋田魁新報2021/7/6秋田
小川原湖漁協(東北町、濱田正隆組合長)は5日、在日米空軍の輸送機CV22オスプレイが小川原湖上空で行った訓練とみられる飛行について、定例理事会で対応を協議した。同漁協によると、週内にも三沢防衛事務所を通じて米軍側に抗議文を提出する方針。
東奥日報2021/7/6青森
在日米空軍の輸送機CV22オスプレイが6月30日と7月1日に青森県東北町の小川原湖上空で行った訓練とみられる飛行に絡み、東北町議会と同町議会基地対策特別委員会は5日、同町役場で、市川道夫東北防衛局長に対し、住民に不安を与える飛行は行わないよう米軍に申し入れることなど3点を要請した。
東奥日報2021/7/6青森
米軍が2020年秋、小川原湖の湖上と上空で、米軍横田基地(東京都福生市など)の輸送機CV22オスプレイを使い、三沢基地隊員も参加して行った水難訓練の動画を、サイト上に投稿していることが5日分かった。以前から訓練として小川原湖上空での飛行が行われていたことが明るみとなった。
東奥日報2021/7/6青森
在日米軍の輸送機CV22オスプレイが6月30日と7月1日に青森県東北町の小川原湖上空で行った訓練とみられる飛行に関し、三村申吾知事は6日、「事実関係は調査中だが、心外なこと」と所感を述べた。同日、三沢市の三沢基地周辺町内連合会(種市光雄会長)が県庁を訪ね、騒音対策などを陳情した際に語った。
東奥日報2021/7/6青森
海上自衛隊下総教育航空群司令部は5日、部下にパワーハラスメントをしたとして、第3術科学校に所属する50代の男性2等海尉を減給30分の1(1カ月)の懲戒処分とした。同部によると、2等海尉は2019年3月7日、当時勤務していた部隊で、部下の隊員の胸ぐらをつかむなどした。
千葉日報2021/7/6千葉
【帯広】陸上自衛隊第5旅団(帯広)は6日、駐屯地内で酒気帯び運転をしたとして、第5施設隊の20代の男性陸士長を同日付で停職4カ月の懲戒処分にしたと発表した。同旅団によると、陸士長は5月5日午後6~8時ごろ、外出先で飲酒。
北海道新聞2021/7/6北海道
政府は6日、外交・安全保障の司令塔役となる国家安全保障局(NSS)の局長に前外務事務次官の秋葉剛男氏(62)を充てる人事を閣議決定した。発令は7日付。警察庁出身で2代目局長を務めた北村滋氏(64)=札幌生まれ=は、持病の手術のため退任する。
北海道新聞2021/7/6北海道
県は在沖縄米軍で3人が陽性だったことも公表し、感染者は計1464人になった。県の集計には含めていない。福井県は7月8日まで独自の「福井県緊急事態宣言」を発令。
福井新聞2021/7/6福井
それぞれの出品作は、鶉野飛行場跡(同市鶉野町)や周辺の戦争遺跡とそこでガイドをする北条高校の生徒などをテーマにした「LEGACY(レガシー)」と、地元の書店を取り上げた「ウチらの本屋さん」。いずれも初めての全国舞台で「上位進出を果たし、加西のPRをしたい」と意気込む。
神戸新聞2021/7/6兵庫
年金・医療・介護(20%)▽景気・雇用(18%)▽外交・安全保障(11%)-と続いた。東京五輪・パラリンピックについては「無観客で開催すべき」が31%で最も多く、「中止すべき」(28%)や「観客数を制限して開催」(27%)を上回った。
神戸新聞2021/7/6兵庫
架空の町を舞台に、太平洋戦争の平和記念館設立を巡って巻き起こる市長と戦犯遺族の攻防を描く。何が事実で、悪いのは誰なのか-。31歳の河合監督から見た現代と戦争の距離感をあぶり出した意欲作だ。
神戸新聞2021/7/6兵庫
安曇野市内の中学校三校で、広島平和記念資料館(広島市)から借りた資料と安曇野市内の戦争遺跡資料の巡回展が行われている。
中日新聞2021/7/6長野
集団的自衛権の行使を認めた安全保障法制は違憲であり、平和に暮らす権利が侵害されたなどとして、長崎県内の被爆者らが国に1人当たり10万円の損害賠償を求めた訴訟で、長崎地裁(天川博義裁判長)は5日、請求を棄却する判決を言い渡した。
長崎新聞2021/7/6長崎
判決後の報告集会で、原告弁護団の福崎博孝弁護士は「判決は『テロや戦争が起こらないと裁判が起こせない』という理屈に終始している。戦争で多くの人が死に、不幸になるという想像力を欠いた、情のない判決としか思えない」と批判。
長崎新聞2021/7/6長崎
また、「台湾海峡は石油に限らず日本の多くの輸出入物資が通る」とし、台湾有事を念頭に「日本にとって(安全保障関連法の)存立危機事態に関係してくると言ってもおかしくない」との見解を示した。沖縄は「地理的、地政学的に最も重要なキーストーンといわれる位置に属している。
沖縄タイムス2021/7/6沖縄
米軍関係の感染は4日の発表が4人、5日の発表が2人で計6人。合計1461人となった。
沖縄タイムス2021/7/6沖縄
米軍関係は新たに3人が感染し、累計で1464人となった。新型コロナウイルス対策を議論する県の専門家会議は5日夜、緊急事態宣言を予定通り11日で終え、県が地域別に制限内容を判断できる「まん延防止等重点措置」への移行が望ましいとの結論をまとめた。
沖縄タイムス2021/7/6沖縄
佐賀空港への自衛隊輸送機オスプレイ配備計画を巡り、九州防衛局による配備候補地の地権者説明会が終わったことを受け、山口祥義知事は5日、地権者から知事も説明すべきとの声が上がったことに関し「既に漁協で説明したが、判断材料として聞きたいということなら、状況に応じてうかがうのはやぶさかではない」と述べた。
佐賀新聞2021/7/6佐賀
佐賀空港への自衛隊輸送機オスプレイ配備計画で、空港西側(佐賀市川副町)の配備候補地の地権者説明会が終わり、県有明海漁協と防衛省九州防衛局は7月中にも地権者に賛否を尋ねるアンケートの実施を予定している。
佐賀新聞2021/7/6佐賀
佐賀空港への陸上自衛隊輸送機オスプレイ配備計画で、防衛省九州防衛局による地権者説明会が終了したことを受け、岸信夫防衛相は6日の閣議後会見で「可能な限り早期に理解を得ることができるよう努めたい」と述べた。
佐賀新聞2021/7/6佐賀
太平洋戦争の激戦地ビルマ(現ミャンマー)で命を落とした徳島県出身将兵の冥福と、永遠の平和を願う「平和記念塔パゴダ」だ。1958年、県ビルマ会が建立。89年に県仏教会が運営を引き継いだ。
徳島新聞2021/7/6徳島