2021年7月7日 馬毛島、自衛隊、西之表、南種子、佐世保

2021年7月7日の8件の新聞記事をチェックしました。一通りチェックした感じでは、佐世保、馬毛島、市議会、子ども、南種子、自衛隊、西之表、メディコス、などの文字が散見されました。8個のコンテンツURLを記録しておきます。
岐阜の街が焼け野原になった一九四五年七月の岐阜空襲から、九日で七十六年。
中日新聞2021/7/7岐阜
戦争をテーマにした映画の特集上映「終戦、76年目の夏。」が31日~8月15日、高崎市柳川町の高崎電気館で開かれる。同市出身の田上龍一監督の初作品「葛根廟(かっこんびょう)事件の証言」など戦争についてさまざまな切り口で伝える5作品を上映する。
上毛新聞2021/7/7群馬
【湧別】コープさっぽろ北見地区組合員活動委員会(塩田ひろみ委員長)は6日、太平洋戦争中の1942年(昭和17年)に旧下湧別村(現湧別町)の海岸で起きた機雷爆発事故の現場などを巡り、戦争や平和への理解を深めた。
北海道新聞2021/7/7北海道
西之表市馬毛島への米軍空母艦載機陸上離着陸訓練(FCLP)移転と自衛隊基地整備計画に反対する市民団体「馬毛島への米軍施設に反対する市民・団体連絡会」(三宅公人会長)は6日、計画に賛意を示す意見書を可決した市議会の説明が不十分だったとして、協議内容などを明らかにする公開説明会の開催を求める要望書を提出した。
南日本新聞2021/7/7鹿児島
西之表市馬毛島への米軍空母艦載機陸上離着陸訓練(FCLP)移転と自衛隊基地整備計画を巡り、南種子町の小園裕康町長は6日、防衛省を訪れ、岸信夫大臣に隊員宿舎など関連施設を同町内に整備するよう求める要望書を手渡した。
南日本新聞2021/7/7鹿児島
時代祭の行列が2年連続で中止になるのは太平洋戦争以来。今年の京都三大祭りでは、葵祭の行列「路頭の儀」は中止され、祇園祭の山鉾巡行も2年連続で中止が決まっている。時代祭は、平安遷都1100年と平安神宮(京都市左京区)の創建を祝う行事として1895(明治28)年に始まった。
京都新聞2021/7/7京都
陸上自衛隊相浦駐屯地(長崎県佐世保市大潟町)で6日、水陸機動団の新隊員を配属する教育開始式があり、116人が離島防衛を担う決意を新たにした。隊員は栃木や大阪など全国から集まった。4月の入隊後、自衛官としての基礎を学び、志望や適性を踏まえ水陸機動団に配属された。
長崎新聞2021/7/7長崎
安全保障法制は違憲であり、平和に暮らす権利を侵害されたとして、長崎県内の被爆者らが国に損害賠償を求めた訴訟で、請求を棄却した長崎地裁判決を受け、原告らは6日、長崎市万才町の同地裁前で抗議行動を展開した。
長崎新聞2021/7/7長崎