2021年8月25日 百里基地、佐世保、米子駐屯地

2021年8月25日の13件の新聞記事をチェックしました。収集した新聞各社の報道を読むと、オスプレイ、百里基地、佐世保、コロナ、インパルス、申し入れ、米子駐屯地、ライン、パラリンピック、などのことばが散見されました。13個のコンテンツURLを記録しておきますね。
青森県むつ市のご当地グルメ「大湊海自カレー」の提供店舗部会は19日、海上自衛隊大湊基地に配備されている護衛艦「ちくま」の艦長交代に伴い、同市の「駅前食堂」で提供している護衛艦ちくまカレーの再認定審査会を開いた。
東奥日報2021/8/25青森
青森県は24日、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、27日に実施予定だった太平洋戦争などの犠牲者を慰霊する戦没者追悼式を中止すると発表した。県主催では1986年から実施しているが、中止は初めて。式典は例年8月下旬に青森市で行っており、遺族ら約千人が参列する。
デーリー東北2021/8/25青森
航空自衛隊百里基地(茨城県小美玉市百里)は、11月下旬に開催予定だった本年度の「百里基地航空祭」(同基地と後援会共催)を中止することを決め、24日までに発表した。
茨城新聞2021/8/25茨城
航空自衛隊百里基地(茨城県小美玉市百里)で陸上自衛隊の輸送機オスプレイが飛行訓練する計画を巡り、基地周辺の26行政区長でつくる百里飛行場周辺整備協議会(長島洋治会長)は24日、訓練の中止を求め、防衛大。
茨城新聞2021/8/25茨城
航空自衛隊のアクロバット飛行チーム「ブルーインパルス」の6機編隊が24日午後、東京都心を周回飛行した。
宮崎日日新聞2021/8/25宮崎
同計画を根拠とし、市は弾薬補給所や岸壁など米軍への提供施設の返還を求める「返還6項目」をまとめ、国に要望してきた。その後、実現性の高い内容に修正したのが「新返還6項目」。返還が実現した施設がある一方、策定当時と比べ状況や将来展望に乖離(かいり)が生じている項目があるため、市議会は今年3月、同計画の改訂を市に提言した。
長崎新聞2021/8/25長崎
米軍関係は40人の新規感染者が確認された。25日時点で人工呼吸器や人工心肺装置ECMO(エクモ)を使う重症患者は35人となり、過去最多を更新。中等症は546人だった。
沖縄タイムス2021/8/25沖縄
英語教育については、米軍基地や沖縄科学技術大学院大学など「豊富な教育資源を活用し、国内トップクラスを目指すべきだ」と記述した。産業振興では、競争力ある産業や人材の育成、デジタル化による生産性向上などを重視。
沖縄タイムス2021/8/25沖縄
25日付で陸上自衛隊第15旅団に対し、災害派遣による入院待機ステーションへの医療支援の延長を求めたことも明らかにした。国の事業を活用し、医療機関や高齢者・障がい者施設に加え、保育所・幼稚園にも抗原定性検査キットを配布する方針も示した。
沖縄タイムス2021/8/25沖縄
東京パラリンピック開会式直前に、東京の空を赤、青、緑の3色のスモークで彩った航空自衛隊のアクロバット飛行チーム「ブルーインパルス」。
佐賀新聞2021/8/25佐賀
鳥取県と鳥取市は25日、30人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。
山陰中央新報2021/8/25島根
陸上自衛隊が25日、米子市の米子駐屯地で、勤務する隊員8人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。鳥取県は同日、クラスター(感染者集団)と認定した。
山陰中央新報2021/8/25島根