2021年9月13日 天川大島、ロシア、気象庁、鹿児島

2021年9月13日の8件の新聞記事を精査しました。可能な限りみたところ、鹿児島、げんか、気象庁、コロナ、いくつ、黒焦げ、ロシア、天川大島、ささい、ということばが使われていました。8件の記事へのリンクをスクラップしました。
しかし、間もなく太平洋戦争が始まり、製綿機は供出の危機にさらされる。ここで啓次郎が目を付けたのが、綿の保温性だった。本木社長によると、戦闘機は上空で油などが凍結するのを防ぐため、部品に綿を使ったという。
上毛新聞2021/9/13群馬
■空襲で再始動店は当時29歳の長男、貞雄が継いだが、戦争の影が色濃い時代。木材業界も統制されて個人営業は許されなくなり、貞雄は「県地方木材株式会社」の前橋出張所長を務めるなどしたという。45年の前橋空襲で店舗も住宅も焼かれ、ゼロからの再始動となった。
上毛新聞2021/9/13群馬
防衛省によると、領空侵犯したのはAn26という航空機で、12日午前9時37分ごろと同9時58分ごろに発生。航空自衛隊の戦闘機が緊急発進(スクランブル)して対応した。民間機の可能性があるという。
北海道新聞2021/9/13北海道
また、進路や接近時期について米軍合同台風警報センター(JTWC)の見方も参考に調べてみた。台風14号は13日午前6時現在、東シナ海にあり、時速25キロの速さで北北東に進んだ。中心気圧は960ヘクトパスカルで中心付近の最大風速は40メートル、最大瞬間風速は60メートル。
福井新聞2021/9/13福井
県はまた、陸上自衛隊伊丹駐屯地(伊丹市)で新たなクラスター(感染者集団)の発生を公表。陽性者は20、30代の男性隊員9人で、8月下旬に行われた宿泊研修や寮で感染が広がったとみられる。13日午前0時時点で、入院者は8人減り834人。
神戸新聞2021/9/13兵庫
「お父さんは帰ってきやしたなぁ」鹿児島駅に着いた直後、米軍機の爆弾攻撃を受けたという。すさまじいごう音と地響きで辺りは騒然とし、みな逃げ惑った。男性は、父が見知らぬ幼子とその母親にしがみつかれているのを見たが、男性自身も逃げるのに必死で見失ってしまったらしい。
南日本新聞2021/9/13鹿児島
米軍関係は、12日に32人、13日に21人の感染が報告された。
沖縄タイムス2021/9/13沖縄
沖縄県警那覇署は11日、現金入りの財布を盗んだとして米軍キャンプ・フォスター所属の米海兵隊三等軍曹の男(23)を窃盗の疑いで緊急逮捕した。調べに「財布は取ったが、盗んだつもりはない」と話しているという。
沖縄タイムス2021/9/13沖縄