2021年9月27日 ロシア、名古屋、平和公園、ジブチ、気象庁

2021年9月27日の6件のマスコミ報道などを分析しました。この日確認した報道では、タイムス、ジブチ、名古屋、平和公園、パワハラ、気象庁、ロシア、などの単語が目に止まりました。6の記事へのリンクを参考までに書いておきました。
日露戦争で捕虜になり、名古屋で死亡したロシア人兵士十五人の慰霊祭が二十六日、名古屋市千種区の平和公園内にある旧陸軍墓地で営まれた。
中日新聞2021/9/27愛知
アフリカ東部のソマリア沖・アデン湾での海賊対処と、中東海域の情報収集任務に当たる海上自衛隊八戸航空基地を基幹とするP3C哨戒機部隊が27日、活動拠点となるアフリカ東部・ジブチに向け同基地を出発した。同基地によると、任務期間は約3カ月。
東奥日報2021/9/27青森
また、進路や接近時期について米軍合同台風警報センター(JTWC)の見方も参考に調べてみた。気象庁によると、台風16号は28日午後0時現在、中心気圧は935ヘクトパスカル。中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートル。
福井新聞2021/9/27福井
だが、戦争の激化に伴い、国が新聞を統制していく中、一つの県に新聞は1紙となった。その影響で東播タイムスも休刊になったとみられる。進藤さんは「まず、戦前の三木に日刊紙があったことが驚き。
神戸新聞2021/9/27兵庫
だが、戦争の激化に伴い、国が新聞を統制していく中、一つの県に新聞は1紙となった。その影響で東播タイムスも休刊になったとみられる。進藤さんは「まず、戦前の三木に日刊紙があったことが驚き。
神戸新聞2021/9/27兵庫
海上自衛隊舞鶴地方総監部は27日、複数の部下にパワーハラスメントにあたる不適切な指導をしたとして、第4術科学校(京都府舞鶴市余部下)の40代の男性2等海佐を停職5日の懲戒処分にしたと発表した。同総監部によると、幹部にあたる2等海佐は4月30日から5月23日の間、部下の隊員を指導する際に「態度が悪い」などとして、ペットボトルを床にたたきつけたり、部下の座る椅子の背もたれを蹴ったりした。
京都新聞2021/9/27京都