2021年10月15日 ロナルド、横須賀、王城寺原、自衛隊

2021年10月15日の10件のメディアの記事などを確認しました。この日収集した新聞各社の報道には、与野党、風向き、コラボワイン、原子力、ロナルド、王城寺原、サンマ、デジタル、地響き、横須賀、自衛隊、先読み、などの単語が散見されました。10件の記事URLは以下の通り。
青森県むつ市川内町のサンマモルワイナリー(北村良久社長)が、海上自衛隊大湊地方総監部と協力し、下北ワインの新作「Captain’sStock(キャプテンズストック)」を開発した。大湊基地を母港とする護衛艦がラベルにデザインされている。
東奥日報2021/10/15青森
三崎港からは県漁業取締船や海上自衛隊船舶で八幡浜港や宇和島港に避難した。三机港からは松山海上保安部の巡視艇で大分港に向かった。船内では感染症対策の手順も確認した。
愛媛新聞2021/10/15愛媛
レーガンは6月以降、アフガニスタン駐留米軍。
神奈川新聞2021/10/15神奈川
安全保障法制の強行採決に反対した野党との共闘に踏み出して6年、結党から99年で初の政権選択選挙に挑む。解散を前にした党議員団総会で「団結ガンバロー」の音頭を取ったのは、国対委員長として野党間の連携に汗をかいてきた穀田恵二(比例近畿)だった。
京都新聞2021/10/15京都
「ズドーン」という地鳴りのような砲撃音が15日、仙台市中心部を含む広い範囲で朝から響いた。
河北新報2021/10/15宮城
陸上自衛隊東北方面総監の梶原直樹陸将(56)が14日に着任し、仙台市宮城野区の陸自仙台駐屯地で記者会見した。「東北の人々の期待に応え、東北方面隊の歴史と伝統を発展させたい」と語った。梶原総監は東。
河北新報2021/10/15宮城
安全保障については「平和憲法の精神に基づき、総合的な安全保障の手段を追求」「日米両国の信頼関係に基づき、違憲の疑いがある平和安全法制の見直しを行う」とした。大津市内で行われた調印式で、市民の会代表の齋藤敏康・立命館大名誉教授は「4人の候補予定者を市民と野党の統一候補として押し上げ、勝利のため全力を尽くす」とあいさつした。
京都新聞2021/10/15滋賀
【境港】航空自衛隊の輸送機・救難機パイロットの基本教育を担う第41教育飛行隊が29日、美保基地(境港市小篠津町)から浜松基地(浜松市)へ移動する。
山陰中央新報2021/10/15島根
この7カ月余り後、日本は戦争に負けた。太平洋戦争の犠牲者は国内で310万人以上、アジア太平洋地域では1900万人を超えると推定されている。76年前まで、新聞は戦意高揚の空気を醸成する「装置」だった。
徳島新聞2021/10/15徳島
遺族会代表や関係者約20人が参列し、戊辰戦争から太平洋戦争までに戦死した県ゆかりの2万3478人の冥福を祈るとともに恒久平和の実現を誓った。
日本海新聞2021/10/15鳥取