2021年10月16日 ヒロシマ、ロナルド、横須賀、アフガン、カナダ、嘉手納、北朝鮮

2021年10月16日の9件のメディア記事などを解析しました。この日に見つかった報道の言葉は、きっかけ、小学校、考え方、専守防衛、チェック、図書館、コロナ、リスト、アフガン、カナダ、嘉手納、横須賀、興味津々、ロナルド、自衛隊、北朝鮮、立候補、ヒロシマ、といった字句が記事にありました。9件の記事URLは以下の通りです。
米軍の原爆投下から4年後の1949年、広島市で原爆ドーム周辺や広島駅前を撮影したカラー写真20枚が、米国ユタ州のユタ大図書館に残っていた。原爆資料館(広島市中区)は「被爆から間もない復興期のカラー写真は非常に珍しく、貴重だ」とし、一部の画像を近く展示する。
中国新聞2021/10/16広島
争点の一つは安倍晋三、菅義偉両政権が進めた安全保障政策を続けるか否かだ。両政権は防衛費を膨張させ、米国製の高額装備品に巨費をつぎ込んできた。さらに護衛艦の事実上の空母化をはじめ専守防衛を逸脱する政策を進めた。
北海道新聞2021/10/16北海道
在日米海軍横須賀基地(横須賀市)に配備されている原子力空母ロナルド・レーガンが16日午後2時5分ごろ、同基地に帰港した。
神奈川新聞2021/10/16神奈川
「戦争放棄と戦力の不保持を定める9条の解釈をそのままにして、自衛隊を9条に位置付けることを自民党はたたき台として出している。党の提案に賛成だ。これまでの専守防衛や平和主義を変えるものではまったくない。
信濃毎日新聞2021/10/16長野
米軍関係は新たに2人の感染が報告された。暫定値は、県庁が施設管理で停電になったためで、確定値は17日に発表する。直近1週間の人口10万人当たり新規陽性者は10・84人で全国ワースト。
沖縄タイムス2021/10/16沖縄
基地問題に関する質問は「人体に有害なPFASなどを含む汚染水を放出する際の米軍基地内への立ち入り調査をはじめとする日米地位協定の抜本的見直しを行うか」「名護市辺野古の新基地建設を直ちに中止するか」「南西諸島への自衛隊配備を見直すか」「増大し続ける防衛費を見直すか」の4点。
沖縄タイムス2021/10/16沖縄
【中部】米軍嘉手納基地に14日午後2時20分ごろ、カナダ空軍の哨戒機CP140が1機、飛来した。防衛省は13日、北朝鮮が制裁逃れのため海上で積み荷を移し替える「瀬取り」の対応で「カナダが10月中旬から11月中旬まで、嘉手納基地を使い警戒監視活動を行う」と発表しており、関連した飛来とみられる。
沖縄タイムス2021/10/16沖縄
衆院選(19日公示、31日投開票)静岡5区の立候補予定者公開討論会(裾野青年会議所主催)が15日、裾野市内で開かれた。
静岡新聞2021/10/16静岡
同本部広報係の牧野耕太郎さんが、海上自衛隊の砕氷艦。
北日本新聞2021/10/16富山